母の日のお祝いができる幸せ

まだ私が若い頃は、母の日が今ほどピンときていませんでした。

今年は何を贈ろうかな~ぐらいで、さほど重要に思ってなかったように思います。

 

しかし、自分が歳を重ねるうちに、母の日のお祝いができる幸せを感じるようになりました。

遠方に住む母へのいちばんのお祝いは、私が帰省して一緒に居てあげることだと思います。

しかし、自分にも家族が居て、なかなか思うようになりません。

母も充分理解して、気丈に居てくれます。

 

そんな母に、申し訳ない思いと一緒に毎年プレゼントを考えています。

好みがはっきりしている母は、私の贈るものというか誰かからの贈り物はたいてい気に入らないようです。

ある時期は、もう何がいいかわからないから商品券にするね~と贈っていましたが、なんだか味気なくどうしたものか考えました。

 

庭木や花々を大切に育てている母は、花屋さんで切花を買う習慣がありませんでした。

それは、節約のためでもあったのではないかと、ある時ふと思いました。

 

そこでアレンジメントフラワーを贈ってみたらこれが大正解でした。

以来、毎年母の日やそれ以外の時も、ことあるごとにお花のプレゼントをしています。

今年もまた母の日が近づいてきました。

お祝いができる幸せをかみしめながら、さて今年はどんなお花にしましょうかと嬉しく頭を悩ませています。

参考:母の日花ギフト.com